リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム  三井住友カード  ブックオフオンライン  Collaborn

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

五線譜なんて飾りですっ! 感想 まとめ 【ライトノベル】

2012-11-14
五線譜なんて飾りですっ! (電撃文庫)

■発売日: 2012/11/9

■出版社: アスキー・メディアワークス
■文庫: 328ページ

価格 :¥ 641

▼ストーリー
俺、日野正輝は入学した高校の吹奏楽部で、ある『天才』なトランペット吹きの少女と出会った。その娘がどう天才なのかというと…まず指揮者を見ないし、メトロノームを聞かない。しかも自分の演奏に夢中になってほかの楽器の音が耳に入らず、合奏することができない。極めつけは、クラシック音楽が苦手で、愛器を吹けば出るのはアニソンばかりという有様。でも彼女の―秋築律夢の音には、思わず聞き入ってしまうような、人の心を揺さぶる不思議な力が確かにあるんだ。そんな律夢に対して、同しトランペット吹きとして俺が出来ることは―。



※この記事はネット上のレビューを2ch風にまとめたものです。


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:01:37.70 ID:iBcysls50

幽霊ラブコメだが、何ともむず痒い。続編ができそうな、この一刊で終わったほうが清々しいような。

面白いけど、何とも微妙。


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:02:23.41 ID:LLJlL85e0

テーマやストーリー自体はいい。

ただヒロインが独りよがりなのが鼻につく。
吹奏楽という団体行動なのに全く省みないのはどうよという感じ。
これなら吹奏楽の楽器を使った軽音部にした方が変わりモノとして良かったのでは?と思った。まあアニソンリスペクトな部分とかはすごく分かりやすく納得出来るとは思う。


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:02:48.35 ID:v/NhQDBY0

吹奏楽に関する知識は、そんなに無くても充分に読めると思うが、アニメソングに関しては、古今のものをよく知っていないと、かなり苦しい。章タイトルなどはアニソンパロが上手くハマっているようだが、自分は知識が無いのでさっぱり。


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:02:52.65 ID:is6dWPP70

なるほど「天才」をこう表現しますか…

トランペットという吹奏楽団の花形でありながら周りの 演奏に合わせる事はおろかメトロノームすら拒絶するというゴーイングマイウェイなヒロインの才能を 「角を矯めて牛を殺す」のではなく、どこまでも我侭に演奏させ、その演奏に必死で合わせようとする 周りの姿を描く事でその才能のずば抜け方を際立たせるとは中々面白い

「天才」の一つの描き方としては十分に「あり」だと思いましたね


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:03:09.01 ID:yYl2V60J0

物語展開は、最初の路上演奏の時点で答えが出ちゃっているものを、更に堂々巡りしてクライマックスの演奏をして結末に至っている感じがしたので、なんというか、その間の成長みたいなものが感じにくかったです。


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:05:35.32 ID:GyAlgzVB0

久々の一色さんの新作。そこそこ面白かった


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:07:04.53 ID:E/8o/i5Q0

ステージで準備OKから2分無音で溜め、いきなり「マックスハート」部分を炸裂、続いて呼気の続く限り「プリキュアプリキュアーーーー」と吹き続け、限界点で正輝のトランペットが「プリキュア」連続部分突入、他の楽器も徐々に参加。このわずか数ページが音を想像しながら読むだけで燃える。章タイトルで曲バレしてるのはご愛嬌。


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:12:24.90 ID:LVTONL090

文章は読みやすいな


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:12:54.40 ID:Sf5B3X+20

アニソンとアニメの知識ある事が前提やなー。ゆえになかなか楽しく読める。脳裏に曲を流しつつ文章にあわせてトランペットに変換する。パロディウスからキャプテン翼まで、律夢のボケに的確にツッコめる正輝もかなりのもの(笑)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:14:38.53 ID:TZmaYeY50

章タイトルが巧い。
クライマックスの出だしはありありと脳内再生されて胸が熱くなった。


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:19:14.75 ID:zTqRi/6S0

サブカルネタを大量に投入しながら(有名なアニソンのパロディである各章のサブタイトルには笑わされました) しつこさを感じさせないバランス感覚や文章自体の完成度は流石にベテランといった感じです。読んで損はない一冊かと思います


引用元:http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4048911481/ref=pr_all_summary_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
     http://book.akahoshitakuya.com/b/4048911481




関連記事
スポンサーサイト
コメント




    トラックバック
    トラックバックURL:
    http://umeboy.blog71.fc2.com/tb.php/290-f110848f
    最新記事
    新着RSS
    激安バーゲンセール
    メールフォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。